カフェのような不動産で安心相談|物件がゆっくり探せる

男性

借りる側の味方となる存在

インテリア

トラブルは付き物

世の中には、第三者から土地を借りて、そこに自己所有の建物を建てている人が数多く存在しています。自分の土地を持たないことは、土地に対する固定資産税が掛からない等のメリットがあります。土地を借りている人は借地権者、貸す側の地主は借地権設定者と呼ばれています。この両者の間には、時にトラブルも発生しますので注意していきましょう。借地権の売却を行う際には様々な手続きが必要となりますが、素人には少し難しいかもしれません。ですので、知識が豊富な知識を持っている専門家に相談するのが一番です。また、相続や更新についての疑問が生まれる事もあるでしょう。現在、不動産のコンサルタントサービスを展開している会社は数多く存在しており、会計士や税理士が所属する事務所と併設しているケースも多いです。ですので、何かトラブルが発生したとしてもすぐに駆け付けて相談に乗ってくれるのです。トラブルの中でも、とくに相続に関して悩む人が多い傾向があるようです。分割の方法や名義書替手続きなど、専門家に聞いた方が早く解決できる事はたくさんあるのです。また、土地を借りている側は、貸している地主よりも弱い立場にあります。借地であるがために自宅を増改築する際は、地主の許可が必要になるのです。この場合、相談をする相手はこちらの味方になってくれる人を選ぶことです。最近では、ネットを利用して簡単に調べられるようになっています。不動産のコンサルタントサービスに関する情報を集め、自身が相談すべき会社はどこなのか探してみましょう。